Hot water device

交換で得られる事

給湯器は、温かなお湯を利用するために欠かせない設備です。この給湯器の調子が悪ければ、洗い物などでも辛い思いをすることになります。調子の悪い給湯器は、すぐに交換しましょう。

詳細を読む

NEWS

家庭での石油給湯器

以前までは大量のお湯を使う施設で主に石油給湯器が使われていましたが、現在では一般家庭でも普及してきています。その理由は、石油給湯器の設計がコンパクトになったことと、災害に強いことが理由です。

詳細を読む

交換の検討

異常サインを見逃さないようにしましょう

殆どのご家庭では、故障やトラブルになったら困る設備の第一位はガス給湯器ではないでしょうか。一般的には、ガス給湯器の耐用年数は8年から15年程度と言われていますが、かなり幅がありますので、いつ壊れるかを予測することはとても困難です。使用中に異音がしたり、お湯の温度が一定しなかったりする場合は、故障の前兆である可能性が高いです。専門の業者に点検を依頼しましょう。また、相談先がわからない場合は、お使いのガス会社に問い合わせると、信頼できる業者を紹介してくれます。交換部品の保有期間や安全性などを考慮すると、製造から概ね10年を超えるガス給湯器になると、修理よりも交換したほうがメリットがあります。その後のメンテナンスを含めると、修理のほうがかえってトータルコストがかかるケースもありますので、交換、修理両方の可能性を視野に入れたほうがよいでしょう。ガス給湯器の異常サインを見逃さないようにして、「お湯が出ない。どうしよう」と慌てないようにしましょう。

どうせ交換するなら検討してみましょう

ガス給湯器交換の際に、ぜひ検討したいのは供給湯量の号数です。最近では号数のより大きい給湯器であっても、同じくらいのスペースでより能力の高いガス給湯器の設置が可能なケースもあります。「流しやシャワーで同時にお湯を出すと、ぬるくなってしまう」・・・そんなお悩みがある方は、ぜひ検討してみてください。また、エコジョーズなどに代表されるように、より少ないガス量で高効率に給湯が可能なガス給湯器も普及してきました。通常のガス給湯器よりも大型で設置場所が限られていましたが、近年は小型化が進んでいます。通常のガス給湯器よりも価格が高いのが難点ですが、国の補助金制度もありますし、お住まいの自治体によっては独自の補助制度があるケースもあります。エコでガス代節約にもなりますので、検討する価値はあります。

交換や修理

長い年月利用している給湯器がある場合、いきなり壊れてしまうこともあります。そこで、壊れる前に点検してもらい修理か交換をするようにしましょう。そうすることによって急なトラブルを回避できます。

詳細を読む

交換するのなら

給湯器は、いつか寿命が来る機械の一つになります。それに、年々進化している機械でもありますので交換するのならランキングなどを確認してから交換するといいでしょう。そうすれば、評判いいものを取り付けられます。

詳細を読む

Copyright© 2015 給湯器交換で故障知らずの心配知らず【給湯器のことならお任せ】All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com